その糖質制限ダイエットは危険!正しいやり方

糖質が含まれるもの今話題のダイエット方法と言えば、糖質制限ダイエットです。
人気の秘訣は、やり方がとっても簡単でありながら高い効果を実感できるという点です。
ですが、方法を間違えると極度の低血糖に陥ることもあり、健康面でも大変危険なので正しいやり方を理解することが大切です。

糖質制限ダイエットとは、その名の通り食材に含まれる糖質を制限することで血糖値を安定させて行うダイエット方法です。
糖質は、炭水化物やお菓子などの食材に多く含まれており、血糖値を上げる働きを持っています。
血糖値は体を動かす上で欠かせない栄養素ではありますが、現代社会の食生活では糖質を摂り過ぎになりやすく肥満につながっているのです。

特に、夕食は1日の終わりに食べますがこの後はあまり仕事をしたり動いたりする事はなくエネルギーが余ってしまいます。
そのため、夕食で糖質制限ダイエットに取り組むと効果を実感しやすくなり、また糖質を制限し過ぎることによる低血糖、低血糖に伴う体調不良の心配も少ないのでおすすめです。

このように大人気の糖質制限ダイエットですが、危険もあるので気をつけなければなりません。
まず、糖質は摂り過ぎるのは肥満の元ですが、体を支える上でも欠かせない栄養素であることを忘れないようにしましょう。
糖質制限のために炭水化物を全く摂取しないなどは危険です。

糖質制限ダイエットですが、糖質さえ制限すれば痩せられると勘違いするのも良くありません。
確かに糖質をオフすることで痩せやすい体質に近づくことはできますが、だからと言って糖質の低いお肉などの食材ばかり食べていては健康的に痩せることができません。
また、糖質は低くとも高カロリーな食材があることも忘れてはいけません。

理想的な糖質制限ダイエットとしては、夕食などで無理のない程度に糖質を制限しつつ栄養バランスにすぐれた食生活を意識し、それを継続させていくことが大切です。
諦めずに続けていくことできっと結果があらわれます。

糖質の低い食材まとめ

糖質の低い食材と言えば、赤身のお肉や魚類、野菜や海藻類、乳製品などが挙げられます。
反対に、炭水化物やお菓子などの甘いものには多くの糖質が含まれていることが多いようです。
コンビニでは、様々なバリエーションの糖質制限食品が販売されています。
話題になったサラダチキンや糖質ゼロ麺、小麦粉ではなくブランを使ったパンなどがその代表例です。

ですが、そのような糖質制限に特化した食材でなくとも糖質の低い食材だってあります。
特に今の季節におすすめなのが、コンビニの定番でもあるおでんです。
おでんと一口に言っても、大根やこんにゃく、はんぺんにちくわなど様々な食材がありますがそのほとんどが糖質制限ダイエットにも役に立つものなのです。

また、おでんの優れているポイントとして栄養バランスが取りやすいという点があります。
大根やコンブなどではミネラルを補給できます。
糖質制限には欠かせないタンパク資源は、ちくわや卵などでバッチリです。
また、しらたきやこんにゃくには豊富に食物繊維が含まれています。
糖質制限ダイエットでは盲点になりがちな食物繊維ですが、腸内環境を整える上でも欠かせない存在です。

このように、おでんは糖質制限ダイエットの頼れる味方です。
ですが、注意しなくてはならない点もあるので覚えておきましょう。
まず、おでんのつゆは飲み干さないことが大切です。
せっかく糖質の低いおでんを食べていても、塩分や糖分がたっぷり含まれているつゆを飲んでしまっては台無しです。

また、ロールキャベツやハンバーグなど、糖質が高めの具材もなかにはあります。
おでんの具全てが低糖質であるのではないと言うことを意識しつつ食べるものを選んでいきましょう。